中文|English|???
连络番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中国侵略日本军の毒ガス戦実施に関する资料集が日本で出版

2019/8/28 8:43:01???来源:チャイナネット 2019/8/28 8:43:01

  中国侵略日本军が记録した中国の复数の地域で毒ガス作戦を実施した报告の资料集『迫撃第五大队毒ガス戦関系资料』が26日、日本の不二出版(东京)から出版された。

  同资料集は中日史学界が発见した最初の中国侵略日本军毒ガス部队「迫撃第五大队」が自ら记録した中国の复数の地域で毒ガス弾作戦を実施した报告のコピーのほか、びらん性毒ガスの使用を命令する军事公文书、日本军が実施した各毒ガス戦のイラスト、および日本人歴史学者の松野诚也氏による関连资料の解読や论证などを含む。

  资料集の编纂者で、この贵重な歴史资料の発见者でもある松野诚也氏は长期にわたり日本の近现代史と军事史を研究し、日本の中国侵略戦争、特に日本军の生物化学兵器、生物化学兵器戦を深く研究し、関连书籍を复数出版している。

  松野诚也氏は资料集の中で、「日本军毒ガス部队迫撃第五大队が中国で毒ガス戦を実施した史実は80年後の今日にようやくはっきりしたが、これは日本军の毒ガス戦の全貌ではない。私たちが理解しているのは氷山の一角に过ぎず、まだ多くの史実を掘り下げる必要がある」としている。

  日本の明治大学文学部の山田朗教授は同资料集について、日本军が毒ガス戦にびらん性毒ガスを使用したことを决定づける史実资料であり、日本军の侵略戦争の歴史の研究において极めて贵重で重要だと评価した。

  明治学院大学国际平和研究所の石田隆至研究员は、1960年代後半、日本国内で侵略戦争の歴史を美化する修正主义の倾向が强まったと指摘。毒ガスの制造、使用を命令する史料は早くに见つかっていたが、一部の日本の右翼は毒ガス使用に関する资料が见つかっていないことを理由に、侵略戦争の歴史を全面的に否定しようと目论んだ。今回、松野氏は中国侵略日本军が记した作戦报告も発见し、日本の右翼派による日本侵略戦争の美化论を打ち砕き、日本の「毒ガス弾の制造、毒ガス弾の使用命令、戦场での使用、被害」という最も重要な一连のプロセスを证明した。

  日本の共同通信社は7月7日、同资料集の最も肝心な一编『晋东作戦戦闘详报』関连资料の発表を伝え、30社以上の日本地方メディアが転载した。

  「中国网日本语版(チャイナネット)」2019年8月27日

関连记事を

写真

主管者:山东省人民政府新闻弁公室