中文|English|???
连络番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

映画「我和我的祖国」で1997年の香港地区返还をめぐるドラマを再现

2019/8/27 9:57:41???来源:人民网日本语版 2019/8/27 9:57:41

  7つのストーリーからなる映画「我和我的祖国(Me and my country)」の一つで、薛暁路(シュエ?シャオルー)监督がメガホンを取った「回帰」は、1997年7月1日に香港地区の主権が英国から中国へ返还されたことをテーマにしている。人民网が报じた。

  1997年7月1日0时0分、香港地区が中国へ返还された歴史的瞬间を、中国人は今でもはっきりと记忆している。1秒も遅れずれにまさにその瞬间に中国の国旗を掲扬するためには、6月30日23时59分58秒に英国の国旗を降ろさなければならず、その「2秒」のために、中英双方は16回にもわたって交渉を缲り返したことは、ほとんど知られていない。その紧迫の瞬间と涙を诱う感动のシーンが、薛暁路监督の「回帰」で、リアルに再现されている。

  当时の中国の外交部(省)礼宾司の副司长で、主権移譲セレモニーの総指挥を务めた安文彬氏にとって、中国の国旗を7月1日0时0分0秒ちょうどに掲扬し、香港の主権を时间通りに中国に返还させることは、最重要任务だった。しかし、それは中英双方の间の最大の争点ともなった。英国侧の代表は、7月1日0点0分0秒に英国の国旗を降ろすよう要求していた。そして、一方の安氏は、主権の返还は1秒たりとも遅れてはならず、英国の国旗は6月30日23时59分58秒に降ろさなければならないと主张した。そのわずか「2秒」をめぐって、双方は16回にわたって交渉を重ね、激しい议论が交わされた。154年もの间、英国の统治下にあった香港地区の返还を、中国人は皆、1秒たりとも遅らせたくないと愿っていた。そして、安氏をはじめとする人々の水面下での努力が実り、最终的に中国の国旗は7月1日0时0分ちょうどに掲扬された。

  ネットユーザーたちは、同映画の予告动画を见て当时の记忆をよみがえらせ、「あの时、まだ小学生で、家族と一绪にテレビの前で、主権移譲セレモニーを见ていた。国歌を歌わずにはいられなかった」、「予告动画の最後に『香港は永远に中国と共に』の文字が表示された时は、涙がこぼれた」などの声を寄せている。

  华夏电影発行有限责任公司が制作する「我和我的祖国」は、陈凯歌(チェン? カイコー)が総监督、黄建新(ホアン?ジエンシン)がチーフプロデューサーを务め、陈凯歌、张一白(チャン?イーバイ)、管虎(グァン?フー)、薛暁路(シュエ?シャオルー)、徐■(■は山へんに争。シュウ?チェン)、宁浩(ニン?ハオ)、文牧野(ウェン?ムーイエ)の监督7人が1部ずつ担当して、新中国が成立して70年の间にあった、人々の记忆にも残っている7つの歴史的瞬间を再现する。同作品は今年10月1日に公开される。(编集KN)

  「人民网日本语版」2019年8月26日

関连记事を

写真

主管者:山东省人民政府新闻弁公室